スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のカードが退屈すぎて

もう1年の 5% が終わった。

史上最も老いている自分を明日も介護しなければいけないと思うと気が重くなったので、今日は少し元気のない記事でも書こうと思う。

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

こっちのコンタクトの方が安かった。

さっきので注文してしまった。。。。





↑こっちは5,440円(税込み)だった orz...
このエントリーをはてなブックマークに追加

募金について考えてみた

 現在、東日本と言われる場所以外では、被災後、募金活動が盛んに行われている。被災直後、ある団体の募金活動では、梅田ヨドバシカメラ前の2箇所に2時間立って200万円程度のお金が集まったようだ。現在でも数十万円オーダーの額の募金が集まっているとのこと。

 そんなに沢山のお金が集まると聞いて私が考えたのは、
・それくらいの規模なら、少し工夫すれば数万オーダーの金額増が期待できるんじゃないか
・募金という方法の長所をちゃんと考えることでもっと広範囲の人を巻き込んだ支援ができるんじゃないか
という2点。

 何にせよ、まずは実情を知ることが必要だと思い、実際に募金活動を観察してみて、募金活動を主催したことのある人の話を聞いてみることにした。


【観察】
 募金活動の観察は、梅田のヨドバシカメラ前で平日、16時から合計1時間ほど、2か所にて行い、携帯電話に観察できた内容を打ち込む形で行った。
 1か所はヨドバシカメラの正面入り口側の横断歩道前の左右、歩道にある手すりに沿う形に9人ずつ並び、左右それぞれ、横断歩道側と、列の中央に1人ずつ、計4人の募金箱を持っている人が配置されていた。
 もう1か所はヨドバシの裏口の幅が広い横断歩道前に、左右、平行な列を作る形で6人ずつぐらいで並び、募金箱の配置は正面口とほぼ同じで、他はパネルを持っていた。

 双方ともに大きな声で募金を訴えるという形でアピールをしており、特に、横断歩道側の募金箱を持っている人は体力のありそうな男子がかなり大きな声で頻繁に呼びかけをしていた。

 まずは、正面入り口で入金の様子を観察しました。観察場所は、募金している正面の柱からと、入金の様子を観察するために傍の手すりからの2か所。そこでは大雑把に羅列すると、以下のような様子が見られた。
・ほとんどの募金は個人
・「気付き」→「財布を出す」→「募金する勇気を出す」→「募金」という段階を踏む
・子連れの母は必ずと言っていいほど募金する
・記録できた限りでは男女の入金割合はほぼ同じ
・高額入金をする人は気付くのが早い(かなり遠くで意思決定もしているようだ)
・信号待ちの時に決断する人もいるが金額は少ない
・信号待ち時間に財布を開けてやめる人、財布が見つからない人が諦める
・導線は入金額に大きな影響を与える(今回は右、横断歩道側の入金者数が多い)
・2人組で一人が入金すると、もう一人はほぼ確実に入金する
・特に、男女のカップルだと女が入金→男が高額入金という光景が見られた
・女子高生の2人組が、片方の財布から硬貨を2枚出して、2人で募金していた
・男性サラリーマンは小銭を入金することが多いようだ
・1人でオシャレな若い男性が高額入金しやすい(紙幣入金や、小銭入れの中全部入金)
・「オタク」を思わせる容貌の男性が小走りで近づき、小銭を入れる姿が何度も見られた
・横断歩道を向こうから渡ってくる人よりも、店側から渡る人の方が圧倒的に入金率高い

 また、裏口側では、店内ガラス窓から観察をした。そこで見られたことは、
・募金後パネルを写真に撮って説明を受けているF2ぐらいの女性がいた
・横断歩道が広いので、列の傍を通る人が少なく、信号待ちの時間に入金する人は少ない
・横断歩道対岸の右側は工事中だったので、導線のある左側の募金がほとんどだった
・記録の範囲では女性の入金人数は男性の約2倍
・こちらではあまり入金額が判断できなかったが、2人組が多い
・母が子供に小銭を握らせて入金させていた
・コムサ側というのもあるのか、スーツの女性が多い
・リクルートスーツの女性2人組が入金していた
・母娘(娘といっても恐らく20代)が財布を出した後に入金せずに店内に入る姿が見られた
・急いで募金して横断歩道を渡ろうとするが間に合わない、という光景を複数回見た

 裏口では入金自体が少なく、得られた情報の量はそれほど多くなかった。


【インタビュー】
 後日、実際に国際団体の活動として募金を複数回実施した団体代表に話を聞き、そこで得られた情報も箇条書きにすると以下のようになる。
・平時では1日、京都高島屋前に立つと2~4万程度の募金額が集まる
・高島屋などの場所の前でやると、募金の単価が高い
・おじいちゃんとおばあちゃんの入金単価が高い
・かれらは頑張っている若者に無条件に募金しているよう
・オシャレな男性は入金単価が高い
・2人組の片方が入金すると、もう一方も入金する
・海外の寄付の様子とはかなり違う(キリスト教圏の「寄付文化」を例に出していた)
・実際に立っていると、非常に疲れるが、それを見せないように努力している
・「浴衣を着て実施」などという遊び感覚があると運営側のモチベーションが上がる
・街頭に立つ人を集める時には、愛想がよい、爽やか、等の基準で選ぶこともある。
・京都では募金に許可が必要で、募金できる場所は市場河原町の4隅のみ
・三宮では申請なしで募金が出来るらしい
・京都で募金している人に聞き取りをした結果、許可無しの所も多いとのこと
・フリマより募金の方が用意が楽
・パネルを用意しても見てくれる人はほとんどいない


【インタビューと観察のまとめ】
 インタビューと観察の結果から、以下のようなことは募金に関して工夫をする際に役に立つのではないだろうか。

①-1 一人で歩いている高齢者、おばちゃん、オシャレ男子の単価が高い
①-2 「オタク」の入金数が高い
①-3 その他は効果的にリーチできているようには思えない
②「気付き」→「財布出す」→(「勇気出す」→)「入金」 各段階で脱落者が出る
③遊び心があると運営側のモチベーションが上がる
④場所、導線の効果が高い

 この辺りに関する定量的にデータを取り、効果的な管理をデザインすることで従来とあまり変わらない「街頭募金」という方法でも取りこぼしている多額の募金額を回収できるように思う。



【考察】
 ここで、最初に挙げた私の考えに関して少し考えてみる。
まず、「・それくらいの規模なら、少し工夫すれば数万オーダーの金額増が期待できるんじゃないか」について。
 これに関しては、特に、上記の①~④を考慮に入れることで、単価、入金数をより向上させる施策を実施できるだろう。特に②の脱落率を減らすことと④の場所と導線の設計はすぐにでも手をつけられる部分と言える。実際にこれらを活かすためには、募金活動を行う際に観察役やインタビュー役を作ることが効果的だと思う。また、このような役割分担は③への効果も期待できるだろう。

 また、「・募金という方法の長所をちゃんと考えることでもっと広範囲の人を巻き込んだ支援ができるんじゃないか」について。
 街頭募金の方法、主催者の言葉、募金する人などを見ていると、「一生懸命若者が支援しようとしているから」あるいは「被災者へhelpfulな気持ちを持っているから」という考えを刺激することで募金を促そうとしている/している人が多く見られる。しかし、それは募金という手段の特徴の一部分しか見られていない、つまり、見逃している部分があるのではないだろうか。

 私は、募金とは「人の何かしらの動機を金銭と言う単一の指標に変換し、集められた金銭を被支援者に送るために集金、入金する行為」というものだと考えている。ここでのポイントは「被支援者には金額のみでしか支援の程度が測れない」ということ。だから、募金者がどのような動機で募金していようが、換金された時点でその「想い」のようなものは剥がされる。少し寂しい気もするが、そう考えられると、もっと沢山の可能性を考えることができるだろう。
 実際、観察中も「きれいごと」以外の動機で募金しているであろう様子も見られた。例えば、「カップルの女性が入金→男性が多額を入金」という例では、男性は「カッコがつかないから」という理由で入金をしているように見受けられた。他にも、「募金箱を持っているのが仲の良い人だから沢山入れる」という動機で募金するのも想像できる。「遠くの募金箱に硬貨を投げて入ると、今日1日の運勢が良くなる」みたいな占い的な要素をつけると、遊び心を刺激して支援の為のお金を集められるかもしれない。そもそも、募金者が被災者に対して本当にhelpfulな気持ちを持っていたのなら近くのコンビニやネットで既に募金しているだろうし、そんな中で例えば「街頭募金」という手段を取るのであればもっと様々な動機にリーチしていく手段を考えるべきではないだろうか。「募金」×「会う」という組み合わせにはもっと多くの可能性があるような気がしてならない。

 twitterで募金をしている人と議論したり、流れている情報を読んでいると、「募金は誰でもできて、自分たちが出来ることはそれぐらいしかない」というような(ネガティブなニュアンスの)言い回しが目立つように思えた。しかし、それらの中に「募金の特徴」について言及しているものはほとんど見つからなかった。「普段の仕事がそのまま支援となる」わけではない人にとって、募金活動は現在できる数少ないの効果的な支援方法、というような考えに異論はないが、募金活動をするのであれば、もっと「募金活動」というものの長所を活かす形で支援すればいいのに、と思う。
 募金活動というのは、ほとんどの場合、被支援者に対しての想いから行われるものであるにもかかわらず、被支援者に届く時点では「想い」は完全に排除されているという特徴がある。つまり、少し言い方は厳しいかもしれないが、入金時点の「想い」には意味がない。それは募金という手段を取る限り、金額以外で評価できないからだ。そう考えると、有名企業家による数億の募金は、子供から集まった数万円よりも価値があるとみなされる(その数万円に価値が無いと言うことではない)。それが企業イメージ向上が目的だったとしても、それも関係ないことなのだ。
 その一見残酷に見える特徴に私は魅力を感じた。つまりどんな残酷な/卑怯な/くだらない動機であっても換金することで支援になる。例えば、競争心、承認欲求、嫉妬心、猜疑心のような強い気持ちにもっと注目しても良いのではないだろうか。もっと言うと、募金と言う手段を取ることで悪意を善意に変換することさえも十分可能である。もちろん、人を騙したり、法律に反することはいけないが、例えばチャリティーライブは音楽への動機を換金していると言えるし、他の動機によって支援すること自体は悪いことではない。ネットでの告知も容易になり、マーケティングの手法も発展し、優れた観察・分析手法も開発されてきた現在、新しい募金の形が見られないのは少し残念なことだと思う。
 最後に補足しておくが、この考察は「被災地へのhelpfulな想い」を否定している訳ではないし、むしろ私自身はその想いこそが活動の第一歩になると信じているし、自身でもそのような想いから活動を計画している。また、「街頭募金での声かけによる啓発」という面も考えられるだろうが、私にはどれほどの効果があるかどうかは分からない上、他のやり方との明確な差異は無いようにも思えるのであえて言及しなかった。
 私が願っているのは、活動をしている人達の想いがより欠損の無い状態で現地に届くことだけである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の発音をまとめてみる

今、発音勉強のために、
オバケの英語オバケの英語
(2004/06)
明川 哲也、クレイグ ステファン 他

商品詳細を見る


を読んで、訓練しています。

始めの章には
「1から100までどの数字も正しい発音で言えるようになれば、
英語は聞き取れるし、話せるようにもなります」
と書いてあり、手軽でそこそこやりがいもあるので、
時間があれば練習するようにしています。
(1から100までには英語のほとんど全ての音があるらしいです。
∫("she"の子音)とかはなさそうだけど。)

この本は日本人が失敗しやすい各子音・母音ごとに解説を設け、
練習教材として、その章で扱う発音記号を強調表記した8つの長文が収録されていて、
それぞれの文+1~20までの発音練習 のリスニングCDがついています。

ここでは、自分のメモのためにそれぞれの発音記号をまとめてみたいと思います。
(変換できない記号は似ている記号や文字を使用)

・「無声/有声」類(ゴマシリーズ)

【p/b】
唇にゴマを挟んで、それを吹き飛ばす

【f/v】
下唇に乗ったゴマを前歯で軽く押さえる

【t/d】
舌先と上前歯裏側の歯茎で挟んだゴマを吹き飛ばす

【k/g】
舌の後部を持ちあげて、上アゴ奥とで挟んだゴマを吹き飛ばす

【s/z】
舌先を上の歯の裏側に近づけながら、
上下の歯で挟み込んだゴマを吹き飛ばす

【θ/∂(「6」の左右反転に棒を加えたもの)】
上下の歯の間から舌先を出し、
その先端におかれたゴマを吹き飛ばす

【∫/3(zの小文字みたいなやつ)】
舌先をしたのはの裏側に付け、
歯と歯の間に挟まったゴマを吹き飛ばす
(有声の場合、下の前歯が震える)

【t∫/d3】 (choke/joke)
前歯の裏側に着いたゴマを舌先で叩き落としながら
盛大に気流で吹き飛ばす
(有声の場合、上の前歯が震える)


・WとRとL (ちくわと小骨シリーズ)

【w】(母音の前にあるwの発音)
「ウー」と声に出しながら、
唇で咥えたちくわの穴だけを潰し、その反動で開く

【u】(母音の後のwの発音など)
日本語の「ウ」に近く、喉の奥で一瞬発声する

【r】
唇でちくわの穴を半分だけ潰して、
舌を後ろに反らせたまま声を出す

【l】
前歯の歯と歯の間に挟まった小骨を舌先で触る

"rとlの違いは気流が2つに分かれる場所が口の奥か先か"


・大口母音(直径1cmちょっとの小さいプチトマトシリーズ)

【ae】(ほぼアクセントのある場所と重なり、aの表記でのみ使われる)
奥歯に小さいプチトマトを挟んだぐらい大きく口を開けて、
「林家ペー/パー」を同時に発音するときに出る音(林家ピャー)

【a】(母音が重ならない場合の表記はoのみ)
奥歯に小さいプチトマトを挟んだぐらい大きく口を開けて、
胸の奥から上顎までを使って思い切りよく発声。


・【a】を含む単語と【i】

【i】
「エ」の口の形で「イ」と発音する

【ai】(表記はiかy)
大口の【a】と、エの口でイと発する【i】の連続技
(それでひとまとまりという認識をする)

【au】(表記はowかou)
大口の【a】と、「ウ」に近い【u】の連続技

【a:r】(表記はar)
プチトマトのaを引き延ばし、rの発音に持っていく
(ただし、:という記号は本来、強調と言う意味)


・曖昧母音(お米で小口母音)

【∂(eを180度回転)】(単独ではアクセントにならない)
奥歯に米を挟んだ程度のわずかな口の開き方で、喉の奥から有声音


・中口母音(大豆シリーズ)

【∧】(多くの場合、表記はu)
奥歯に豆を挟んだイメージで、驚いた時の「ア」を出す
前歯の上下の広がりは指一本ぐらいで、声帯だけが軽く震える感じ

【"cの左右反転"】(米語ではc単独で使われず、c:が基本、c:r,ciとしても使われる)
奥歯に豆を挟んだイメージで「オー」と発声

【ou】(アルファベットの"o"が最小単位なので、o単独では存在しない)
奥歯に豆を挟んだイメージで、
カタカナの「オ」よりももっとはっきり発音してやって、
唇を丸めながら小さな「ゥ」をつなげてやればいい

【j】(子音。yの表記で使われる)
唇を両側に引っ張るつもりで、日本語で「ヤ」と発声するつもり。
そのつもりで「イ」と発声する

【ju】(母音。uの表記で使われる)
【j】から【u】への一連の発声のひとまとまり


以上。

沢山英語音声のシャワーを浴びるのも大事だと思いますが、
確認のために立ち返られる場所を作るために、
各発音記号の勉強をしようと思いました。

また、発音は体感的な要素も大きいので、
よりイメージしやすい説明と訓練を備えているであろう書籍から始めました。

辞書として
英語の発音パーフェクト学習事典英語の発音パーフェクト学習事典
(2000/10/20)
深沢 俊昭

商品詳細を見る

も併用しようと考えています。

どうしても、書籍では口の動きが分からないので、
練習の際はこのサイトを見ながら確認もしています。
(音の変化とかリズムの考察も面白いです)


英語学習(というか言語)全般に関して、
文法と単語は基本要素で、何をするにしても適用できますが、
もうひとつ次元を下げて、文書/音声、入力/出力の2軸で分類すると、

文書入力…reading
文書出力…writing
音声入力…listening
音声出力…speaking

となり、それらを全てカバーした学習が必要だと思っています。


日本語学習に関する記事では
音声に関しては全く触れませんでしたが、言語学習において、
音声を身につけるトレーニングは必須であり、
それは理解と訓練を伴う必要があるものだと思います。
(日本語の発音に関しても同様で、
アナウンスの訓練をしたかどうかで話し方は全然違います)

英語は、特に身体(耳と口)が鍛えられていない上、
日本で過ごして自然と鍛えられるものではないので、
意識的に訓練は続けないといけないなぁなんてと思いながら、
今日も1から100まで数えたいと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

梅田の喫茶店・カフェめぐり

最近、梅田あたりの喫茶店やカフェを開拓しています。

特に、
・勉強しやすいところ
・深夜までやっているところ
あたりが無いかと転々としています。

静かそうなところを回ろうとすると、
ほとんどチェーン店以外になってしまってるのですが、
プライベートで五月蠅いチェーン店が嫌という人や、
学生とゆっくり話をしたいという人事の方、
逆に、社会人と話す場所に困ってる学生の方など、
ある程度、需要もあると思うので、
僕の経験の元、お気に入りをまとめてみます。

逆に、「この店がお気に入り」というのがあれば、
教えていただけると非常に喜ぶので、
コメントなりメールなりお願いします!

ラインナップは
・モーニングで目玉焼き「珈琲店 スパニョラ」
・レトロな喫茶と不器用マスター「珈琲の辞書」
・ゆったりスペース紅茶のサロン「サロン・ド・テ ルピシア」
・ふかふかソファーの高級カフェ「The Grand Cafe」
・昼間にオープンビューを堪能する「天空のタリーズ」
・夜中まで かつWired 「WIRED CAFE」
・ケーキをほおばりたいのなら「ハーブス 阪急三番街店」


それぞれ少し詳しく紹介。
画像は張るのがめんどくさいので、
リンク先を見ながら呼んでいただければと思います。

・モーニングで目玉焼き「珈琲店 スパニョラ

ここは、
モーニングで目玉焼きを食べたいという意見があり、
検索して見つけたところで、最近発掘した場所です。

場所は第四ビルの地下2階とわかりにくい場所にあります。

店内は純喫茶という感じでクラシックが流れています。

珈琲の種類は非常にたくさん揃えられていて、
あまり詳しくない人には全ての種類から選ぶのは一苦労かも。

まぁ、わかりやすい説明がついたアレンジブレンドもあるので、
初めての人はそこから選ぶのが無難だと思います。

僕が頼んだモーニングは珈琲にプラス100円で
トースト+卵料理+サラダがつくCセットでした。
卵はオムレツと目玉焼きが選べます。

周辺の他の店はトースト、サラダつきという
モーニングがほとんどなので、
朝からお兄さんに卵料理を作ってほしい、
という方にはお勧め(どんな薦め方だw)。

また、朝の8時から空いているのもポイントかも。

ただ、喫煙可能なので、時間によってはちょっと不快かもしれません。



・レトロな喫茶と不器用マスター「珈琲の辞書

この店は割と前から好きで通っていました。
場所はスパニョラと同じ第四ビル。の地下1階。

ここは珈琲とレトロな雰囲気がお勧めポイント。
「大人のお子様ランチ」なんていう
お茶目なメニューもあります。

マスターは人柄がよく、いつも元気に客を迎えます。
注文ごとに1杯ずつサイフォンで珈琲を淹れる姿や音で、
近くにいるとなんだか幸せな気分になれます。

ここは珈琲の味に深みがあって、
後味がしっかりしているように思います。

珈琲の辞書というだけあって、
メニューには珈琲についての薀蓄が書いてあったり、
コーヒー豆も販売してたりします。

一方で、珈琲以外は門外漢だと認識しているのか、
ケーキはケーキ屋さんから仕入れているようで、
品揃えはその辺の喫茶店より豊富で、
味も期待できるかと(食べたことないけどw)。

ちょっと落ち着いて小説読んだりしたいときには
この店をいつも思い出してしまいます。



・ゆったりスペース紅茶のサロン「サロン・ド・テ ルピシア

実は、最近、珈琲よりも紅茶にハマっています。

というのも、紅茶のほうが味、刺激も控えめだ(という気がする)し、
大体ポットで給仕されるので、
実は1杯あたりの値段が安かったりします。

ハービスエント3階にある紅茶専門のカフェであるこの店は、
最近見つけたばかりですが非常に気に入っています。
(今日も行きましたw)

店内は外側一面が窓ガラスになっていて
開放感溢れるつくりになっています。
テーブル間の間隔も広く、声もあまり響かないので、
一人で作業などもしやすいかもしれません。

ただ、基本的には女子のグループが多いので、
空気を気にする人には難しいかもしれませんが、
僕はむしろそういう場所のほうが心地よいので(笑)、
快適に勉強させてもらっています。

紅茶は単価が800~1000円と、比較的高い気がするのか、
五月蠅い集団とかはほとんど来ない気がします。
でも、先に言ったように一杯あたりで考えると珈琲よりは安いです。

ここは、繁閑の差が激しいようで、
休日や、劇団四季の公演前後は行列もできるようですが、
平日昼間にはびっくりするほど空いています。

ちょっと平日昼間にほっとしたいときには、非常にお勧めの店ですね。



・ふかふかソファーの高級カフェ「The Grand Cafe

こちらは夜に来るのがいいかもしれません。

ヒルトンプラザウエストの6階にあり、
大阪駅方面に開けていて、23時までやっているのが特徴です。

特に、窓側にはふかふかのソファー席があり、天井も高く、
非常にリラックスしてリッチな気分でくつろげます。

ヒルトン系列の店なので、客層は比較的リッチな気がします。

僕が行ったときには、隣が宗教関係のお偉いさんだったようで、
浄土宗の中学・高校出身の僕は懐かしい気持ちになりました。

その後もリッチなマダムスが集団で来店するなど、
隣でグロい漫画を読んでいる僕は明らかに場違いだったのかもw
(まぁグロ漫画が場違いじゃない飲食店なんてあるのかという問題もw)

メニューもそこそこリッチで、
ドリンク単品800円程度、ケーキセットで1300円程度だと思います。

長時間、快適なソファーで滞在できることを考えれば、
それほど高くない出費だと思います。

夜になれば大阪駅方面の夜景が見えて、
時間帯によってはピアノの生演奏も聴けるようです。

ラグジュアリーな時間を過ごしたい時にはお勧めの店です。



・昼間にオープンビューを堪能する「天空のタリーズ

もっと気軽にパノラマビューを楽しみたいという人にお勧め。
タリーズコーヒー 梅田阪急ビル店、通称「天空のタリーズ」です。

ここは最近できた、梅田阪急ビルの15Fにあるタリーズです。
メニュー自体は普通のタリーズと同じで、
15階から梅田界隈を一望できます。

窓側の席にはコンセントもついているので、
充電やPCでの作業をしたいときにも使えます。

梅田阪急ビルのエレベーターで15階に上がると、
店に入らずとも、広い公共スペースがあって、
そこでいろんな人がパノラマビューを背に、
談笑している姿が見えるでしょう。

その階のもっとも奥にこのタリーズはあります。

窓が非常に大きいので、
他店舗とほぼ同じ内装なのに、非常に明るいです。

ただ、この店の欠点は、
混雑する時間帯が多いこと(おやつ時は並ぶこと必至)と、
閉店時間が早い(20時まで)ことでしょうか。

まぁ、お手軽な値段で、ここまで快適な雰囲気だと、
たくさんの人が集まってしまうのは仕方ないことかもしれません。



・夜中まで かつWired 「WIRED CAFE

実は、ここ、まだ行ったことないのですが、
おそらくこれからも便利だろうと思うので、
軽く紹介をしておきます。

渋谷のTSUTAYA上でもお世話になったWIRED CAFEが
実は梅田にもあります。

ここはNU茶屋町というファッションビルの裏にあって
非常にわかりにくいのですが、
それでもディナーの時間には並ぶ人ができています。

ここがなぜお勧めかというと、
深夜まで営業していること(平常24時、金・土・祝前は3時まで)と、
無線LANが飛んでいる(Wired)なところなので、
PCを携帯していて、インターネットを使った作業をしたいときには、
ここ以外ない、というほどのスポットです。

店内が暗めで、ディナー目的の方も多いので、
少し騒がしいかもしれませんが、
それを踏まえてもこれほどの場所はなかなか無いでしょう。



・ケーキをほおばりたいのなら「ハーブス 阪急三番街店

実はここ1年ぐらい、洋菓子も食べるようになりました。
たくさんケーキ屋さんはあるけれど、
この店はボリュームたっぷりのケーキが印象的でした。

場所は阪急三番街の地下二階。
たくさんの飲食店のあるフロアにあります。

ここのケーキは少し高めかもしれませんが、
「中途半端に安いケーキを買って、
量の少なさに満たされないまま終わる」
なんてことは無いでしょう。

値段の分、クリームやフルーツをふんだんに使っているケーキばかりです。

店内は女の子ばっかりですが、
店内に入るのははばかられるのであれば、
持ち帰りでオフィスでケーキをほおばるのもアリでしょう。

とにかくリラックスには贅沢に甘いものをほおばりたい!
という人にはこちらの店がお勧めです。





以上!
今日は他にもヨドバシの上のカフェにもいったけどイマイチでした。

最近は甘味処や和カフェなどの
和風の良いカフェにも出会いたいと思っています。
(天王寺の「yusoshi」というカフェは
良かったのですが梅田には無いようです)

あと、阪急32番街も結構気になっているのですが未開拓なので、
今度は、「MURNI」なんかにも行ってみたいなと思っています。


冒頭にもいいましたが、
皆さんもお勧めのカフェや喫茶店があればぜひ教えてくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。