スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

すごいのと出会うと自分が速くなる。

すごい人と出会うと、普段の自分の仕事が速くなる。

すごい本と出会うと、普段の読書が速くなる。


きっと、「すごさ」が分かると、「すごくないこと」も分かるようになるから、
すごくないことを省き、すごいことだけをピックアップすることができるんだろうな。


そう考えると、自分にとって、やっぱり環境は大事なんだと思う。


自分の特徴はきっと「アウトロー」。
「異端者」ではない。


現時点でいる環境の範囲で隅をつついていくタイプ。
開拓者ではない。


だから、自分は自分の得たい能力を持っている人達の環境に行きたい。
その中で、変な存在であると同時に、
その環境にある特徴を吸収するつもりでいる。


仕事が速い企業に行きたい。
でもたぶん、そこで僕はじっくり仕事をすることの重要さを示そうとする。
自分はその環境で仕事をすることで仕事の速さを学ぶつもりでいるのに。

色んな仕事のエキスパートがいる企業に行きたい。
そこで自分はどれもそこそこに、器用貧乏だからこそできる活躍を目指す。
でも、自分は陰で各要素を深く学んで行こうとする。

プロジェクト当たりの人数が少なくて負荷の大きい企業で働きたい。
そんな場所で、できるだけ負荷を少なくして働く方法を追求しようとすると思う。
一方で自分は負荷を処理する能力が鍛えられていくんだろうと思う。


環境から学びながら、環境の中で珍しがられることをしようとする。


すごい環境で自然とすごくなることを求める。
ただし、その環境で、僕はすごさと違うことを訴えようとする。


今までのことを台無しにするつもりではなくて、
それを認めた上で、選択肢を広げるために。


実際に、アカデミックな場所では
日常の感覚や、プレゼンの手法などを提供しようとしている。

ビジネスに浸かりきっている人が多い場所では、
研究や学問の自分なりの意義を語ろうとしてしまう。


天邪鬼と言われるかもしれない。

でも、自分としては、あくまで同じ方向を向いているつもりなので、
天邪鬼ではないと思っている。あくまでアウトロー。


自分はすごくないから、
すごい場所ですごくないことをしたいと思うのかも知れないなー。


題名に関係あるのは初めの数行だけになってしまった…
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。