スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

初恋の人からきもとさんへお手紙が届きました。

きもと、ひさしぶり。
今でも彼女ができるたびにインド人コスプレをさせていますか?なぜがインド人フェチだったきもとをなつかしく思います。

きもとが少しモテる私に嫉妬して「おれは軽い女は嫌いだ」と強がりお別れすることになったあの日から、もう7年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんです。ひさびさに友達に会ったときにきもとの話題になってなつかしかったので、思いつくままに手紙でも書こうかなって。

あのころを思い出すと、私たちって喧嘩ばかりでしたよね。特にきもとはとても攻撃的で理屈っぽかったのを覚えています。「おれのどこが好き?」っていう質問も、女の私ではなく、きもとのほうからよく聞いてきましたね。私が「好きな気持ちに説明なんかつけられないよ」と言うと「それは好きとは言わないんだ!」と怒っていたのが印象的でした。伝え聞いたクラスの女子はみんな「別れなよ。危ないよ」って言ってましたけど(笑)。

私にとっては何人目の彼氏だったかなぁ…覚えてないけど、きもとにとっては初恋でしたよね?そうそう、最初のころはきもとが慣れてなくて、いちいち毎回「キスしていい?」とか聞くから、ほんと面倒くさかったなぁ(笑)。勇気が無いわりにキスの勢いだけがすごかったのを覚えています。

まだ二人がラブラブだったころ、きもとは「もうどこにもいかないでくれ」とよく言っていましたよね。私は一生そのままだなんてとても無理だと思ったけれど、真剣なきもとの顔を見て、何も言えなかったのを覚えています。でも人の気持ちとは変わるものですね。

今だから言えることですが、私はきもとと付き合ったことを恥だと思っていません。みんなは「さっさと別れなよ」って言っていたけど、私はそこまで高望みしないほうですし、それなりに楽しいときもありました。今でも感謝しています。

いろいろ書きましたが、私はそんなきもとのことが好きでした。これからもきもとらしさを大切に、当時本気でやっていた透視の練習も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 愛と恋の違いを熱く語る病気はもう治りましたか?







【短評】
強がりで意地っぱり。ときに冷たい。引っ張るタイプだが、引っ張らせてくれる相手が少ない。傷つけやすい。
【あなたの恋愛事情を考察】
きもとさんは基本的に臆病なのでしょう。調子に乗せてくれる女性がいれば、どんどん乗ってきて余裕ができるのですが、だいたいの場合は誰かと付き合っても対立的になってしまうのではないでしょうか。

例えば、どこかで女性を馬鹿にしているところがあるかもしれません。しかし実はそれは臆病さの裏返しであり、「理解できない人種」のように一笑に付しては、実際は触れて傷つくことを恐れていると思われます。

女性を傷つけるようなことを言うタイプでもあるようです。それも実はきもとさんが心を防御した結果の、ハリネズミ状態によるものなのですが、きもとさん自体はそれをなかなか認められないかもしれません。

ここから言える、きもとさんにありそうな問題点を列挙します。

◆素敵な女性の前では、強がったり大きく見せようとしてしまう。
◆弱い人には冷たいし厳しい。自業自得、自己責任、という思想に囚われている。
◆付き合っても、彼女に対し批判的&競争的になってしまう。
【もっと上手な恋愛のために】
そういうタイプになったのはなぜなのか、もっとモテるためにはどうすればいいのか、もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、どう考えればいいのか。恋愛の疑問は尽きないと思います。

恋愛を深くまで知るのと知らないのでは、その後の人生の豊かさに大きな差があると思っています。なんとなく恋愛をしているだけでは、同じことを繰り返すなど、成長速度に限界があります。そして、恋愛できる時間は、実質的に限られています。経験を積み重ねているだけではあっというまに時間は過ぎるのです。

我々はいつも恋愛を研究しています。
もしよければ、一緒に恋愛を学習しませんか?
スタートが早ければ早いほど、きっとあなたの恋愛人生に大きな影響を与え、役立つと思いますから。

(原文ママ)





こういうのはとても面白いですよね。
http://letter.hanihoh.com/

アンケート結果による情報に加えて、
一般的に男性or女性が思いがちな考え方を混ぜることで、
「えっ!?なぜそんなことまでわかるの!?」
といった気にさせる。

こんなこと書いたら一層「批判的」だと言われそうですね。

さて、そんな声は気にせず、部分的にちょっと分析してみましょう。

>ここから言える、きもとさんにありそうな問題点を列挙します。
「きもとさんにありそうな問題点」って!!人格否定かよ!
「ありそうな」とつけているだけマシですが。

>◆素敵な女性の前では、強がったり大きく見せようとしてしまう。
あれ、人ってこんなもんじゃない?
素敵な人の前ではなにかしらよく見てもらおうとしないかな?
実際に良く見えているかどうかは別として。
それに、こういうのは該当する場面を思い出してしまうから、
大体当たったように感じてしまう。

>◆弱い人には冷たいし厳しい。自業自得、自己責任、という思想に囚われている。
まったくそのままのアンケート文に答えた気がする。
自分の答えがそのまま帰ってきた感じ。

>◆付き合っても、彼女に対し批判的&競争的になってしまう。
これもアンケートにそのままありました。
なんか、枠を作られて、自分のアンケート結果を見ているみたい。
もうちょっと推理の部分を増やしてほしいな。

>【もっと上手な恋愛のために】
「上手な恋愛」というのが分からない。
より相手に好かれれば「上手な恋愛」なのか。
自分の思うとおりにできれば「上手な恋愛」なのか。
「もっと優しくなるために」といったものも、具体性が足りなくて、
言い手の価値観の押し付けになっている気がする。

>そういうタイプになったのはなぜなのか、もっとモテるためにはどうすればいいのか、もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、どう考えればいいのか。恋愛の疑問は尽きないと思います。
やはり「恋愛上手」の定義が分かりません。
とりあえず、作者はモテたくて、恋愛への疑問が尽きないのは分かった。

>恋愛を深くまで知るのと知らないのでは、その後の人生の豊かさに大きな差があると思っています。
恋愛の「深さ」ってなんですか?
今まで僕は浅い恋愛してるってことですかね?
「人生の豊かさ」も含めて、どこか人を馬鹿にしている感があります。

>なんとなく恋愛をしているだけでは、同じことを繰り返すなど、成長速度に限界があります。
同じことを繰り返す、という理由を分析して、
納得する、という手法もあります。

>そして、恋愛できる時間は、実質的に限られています。
>経験を積み重ねているだけではあっというまに時間は過ぎるのです。
それが嫌でもないからまぁいいんだけれど。




恋愛って言うのは個々が自由に考えをもてばいい、
もっともわがままになっていい、数少ないものだと思っています。
(わがままになるかどうかも自由だけれど)

恋愛は自分の好きに考えればいい。
1対1である限り、恋愛に善悪は無いと思います。
お互いの主観を示しあえばいい。
「相手の言うとおりにしたい」と思えばそれでもいいし、
「異性の友達とも遊びたい」と思えば遊べばいい。

その上で相手の行動が嫌だったら指摘して、
相手の意見に従いたければ従えばいいし、
そうじゃなければ、従わないか、別れればいい。

集団行動ではその場に適した行動を考える必要があると思う。
空気を読まないといけない部分は少なからずあるはず。

恋愛でも「みんなが言っている」考え方を受け入れる人は結構だが、
それを人から強制されるのはどうかと思う。

人の恋愛に対して「そんなことおかしい!間違ってる!」とかいう人は余計なお世話。
まぁ、相談されることもあるのけれど、
そんなときは自分の意見を押し付けるんじゃなくて、
「どう思っているのか」を聞くようにしている。

一から十まで第三者に恋愛指南をされて、
自分の心にも無いような言動をして満足するならそれでいい。

自分の気持ちの表現方法の参考として、
誰かの恋愛体験を見たり聞いたりするのは良いと思うけど、
恋愛で他人の言うことを鵜呑みにできないなぁ。

まぁ、全ての行動が誰かの模倣である、とか言われたらそれでおしまいなんだけど。



ってか初恋の人からの手紙という名前にされると、
遊びだと分かっていてもちょっと辛いなぁ。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。