スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新入生ジョークの免許が取れなくて

外国人になってから1週間強が経ちました。
聞き慣れている声なら、だいたい理解できるようになりました。
Yes/Noの正答率も上がっています。

ただ、言葉のキャッチボールになると未だ十分にはできません。
昨日の日記に書いた、作文力の不足に加えて、
自分の理解力にまだ自信が持てないので、
回答を求められた時に自分の中で何度も内容を確認してしまいます。

だから答えるまでに時間がかかるし、
同時に自分の意見も作らないといけないというのもあり、
僕はそんなに器用な頭を持っていないので、混乱してしまいがちです。

ただ僕は最初の方にも言ったとおり、
現状に別段ストレスを感じないので、
毎日楽しく学べています。

しかし、お世話になっている人は昔、
うまくコミュニケーションできないことが結構悔しかったらしいです。

その人はもともとかなりのおしゃべりで、
渡米前は「人の話を聞いたことなんてなかった」というほどだったらしいです。
アメリカに来てから、自分の言いたい事がうまく言えなくて、
また、聞き取れなくて子供扱いされることが歯痒かったと言っていました。

しかし、振り返ると、そのおかげで
人の話を聞けるようにもなったとも言っていました。

人の話を聞け、とよく言われる人は
言葉が通じない場所に1年ぐらい
行かせてみれば話を聞くようになるのかもしれませんね。


僕はというと、あんまり焦りや悔しさは感じていないので、
先述のとおり、楽しく学べています。

恐らく、「最悪、時間をかければ言いたいことは伝わる」
という考えがあるからあまり悔しさとかを感じないんだと思います。

幸い、大昔に英語の読み書きが得意だったので、
筆談すればそれなりに内容のあるコミュニケーションはできるし、
それでもだめなら絵や図を使えばなんとかなる。

そんな想いがあるのです。

昨日の飲み会の様子でも分かったんだけど、
文化や宗教、言語の違いはあれども、
共通する部分はかなりたくさんあるんじゃないか。

酔っ払いのタイプは、ほんとに日米でどちらも一緒だし。


ただ、ジョークをはじめとする、笑い等に関しては、
違いがあるし、壁はある気がします。

笑いのツボは全然違うので、
日本の、特にシュールな笑いは全然通じなさそうだ。

加えて、僕はまだ「英語が使えない人」という地位から
脱し切れていないので、相手のジョークに乗っかっても、
“Do you understand?”と言われてしまう。

「お前が振ったんだろ!」と言いたいけれど、
反射的に英訳はできないので、言わない。

まだきっと、「笑いの免許」は貰えていないようだ。

Yes/No + αのレベルなら結構対応できるはずなのになぁ。
たぶん、この「はず」でしかないのが問題なんだろうけど。


DSのソフト「えいご漬け」よりもえいご漬けの環境だけど、
周りの人に、定期的に能力が測定されないのがDSより不便だな。
こっちに来た時よりも2ランクぐらいはレベルアップしていると思うんだけどなー
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。