スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

窓の外見えない猫が人を見る

叱る、指摘する、批判する度に不安な気持ちになる。

基本的には「長期的な成功」を目指して批判は恐れるべきではないんだけれど、
やはり相手の(心理的なものも含めた)反応を気にしてしまう部分がある。

もちろん、「相手のために指摘をしている」という気持ちはあるのだけど、
「自分のいら立ちによって批判をしている」という面が皆無な訳ではない。

優しくなりきれない自分がいる。

だから「聖者のような思想で諭す」という行為を
くすんだ自分がしていることが不安にさせるのかも知れない。

僕が完全な善人にもなりきれないのは分かっているし、
だからと言って、自分のいら立ちに100%任せて
人を叱ってしまうのはなんだか違うということも分かっている。

相手は部屋の中から、外にいる僕の姿が見えているのだろうか。
いや、むしろ、僕が部屋の中にいるのかもしれない。

議論を戦わせることが必要な時が多いと思うけど、
個人的に、僕は議論を戦わせることはあまり好きではないのかもしれない。


今日はゆっくり本と語り合う。



というのは願望で、

翻訳、ES、投稿など、目白押しだ…

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。