スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

雲を見る彼の目を追い雲を見る

僕は「見方」が周りの人に影響され易い気がする。

本を読めばその人の、モノの見方の1つをを身につけてしまう。(自然に)

講師と一緒に仕事をしていた経験から、人の話を聞くときは、
「人にどうつたわるだろうか」という見方で分析するようになった。

インターンではネット広告の話をよくしていただいたので、
Webキャンペーンなどを見ると、消費者以外の目線で見ようとしてしまう。

また、アメリカにいたときは、同居人が雲をよく見る人だったので、
僕は普段から雲や空を見るようになった。

最近は夜景の話をすることが多かったので、
夜に高い場所にいたり、車を運転したりしていると、
夜景に注意を払うようになった。

他にも、twitter等の繋がりから、
ビジネスとして物事をとらえる見方もしようとする意識が生まれた。

一緒にいる人の「見方」を自然に身につけてしまう。

これは、僕が一緒にいたいと思う人や会社を選ぶときに
とても大事な事実だと感じる。

僕は、自分がしない見方をする人/会社とともに過ごしたい。
それだと同じことについて話していても、違った意見が出て楽しい。
(共感できる部分があることももちろん大事だけど)

どれだけ仲良く、相思相愛になっても、
「僕だけを見ない人」が僕には魅力的なのかも知れない。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。