スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

優しさに触れる私の不甲斐なさ

実家に帰って勉強しようと思った途端に寝てしまったうんこ野郎のきもとしです。

くそ と うんこ って前者の方が下品な響きがあるのに、
「野郎」をつけると、下品度が逆転する気がしますね。

僕は下品野郎です。



さて、最近、人に待ってもらうだけでとても感動します。

僕は自己評価が低いからか、
「あんな素敵な人がこんな僕を待ってくれている」
という想いが現れてしまいます。

手伝ってくれたり。
頼んでくれたり。
アドバイスしてくれたり
怒ってくれたりすることがありがたく思えてきます。

世の中ってホント僕に対して親切だ。


僕はどんな能力も決して高くないけれど、
僕の経験が少し特殊なんだろうなと昨日気づきました。
それで、周りの人が話をしてきてくれるのかもしれないなぁ。

僕は
偏差値40以下の中学、50以下の高校と日本最高峰と言われる大学にいました。
宗教の授業を宗教校で6年間受けた、無宗教の人間です。
大学以降、理系、文系どちらの学問も修めることになりそうです。
そして韓国人と日本人のハーフです。

いくつかの場面でダブルスタンダードを持っているようです。
まだ2つのスタンダードを整理できていない部分もあるのですが、
「価値観を選択する」ということが比較的幼いころからの癖になっていた気がします。
(それが、一つのものに突っ走れないことにも繋がるのかもしれないけれど)


そんな僕みたいなバカでも、
複数の視点を持っていることを評価してくれる人もいるので、
ちょっと頑張ろうと思った矢先に爆睡。

ほんと自分がダメなのが実感できました。







さて、今から電車に乗って勉強しますー

今日はタオの本を読もう。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。