スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

柴田淳を思い出した

2日坊主にならないように日記を書きます。

今日は僕の少なくとも大学以降の人生に
大きく影響を与えた人について。

昨日、柴田淳というシンガーソングライターの
ライブを観にいっていた。

初めての彼女の楽曲との出会いは
高校2年のころ、「隣の部屋」という曲をTSUTAYAで見つけた時だった。



綺麗な顔で、すこし翳のありそうな雰囲気にひかれて、
この曲を見つけた時に、理由なく手に取ってしまった記憶がある。

その頃は実家でよく音楽チャンネルを見ていたので、
そこでも新人紹介でこの曲のPVが流れていた。

そして、当時から暗い曲が好きだった僕は、
この曲に魅了され、しばらくは何度も聞いていた。

しかし、曲の方はそんなに売り上げが振るわず、
以降、TSUTAYAでも音楽チャンネルでも
見ることが無くなり、いつの間にか彼女に関する記憶は薄れていった。


彼女と再会したのは大学でサークルに入った時。
某ひろのりくんや某りょーちんが柴田淳を知っていたことを知り、
彼女の存在を思い出す。

それからCDショップで彼女のアルバムを見つけ、聞いてみると、
当時と変わらない曲調で活動を続けているようだった。

その時はシングルではなく、
アルバムを聞いたため、彼女の様々な面を
曲を通して見ることができた(と思っている)。

彼女の曲達によって抱いた印象は、
「この人、俺と付き合ったことあるんじゃね?」
というのと
「この人、俺と同じような価値観だな」
という対極的な2つである。

彼女の失恋についての歌は前者。
つまり、彼女は僕にふられる側、ということ。

彼女の人生について、
あるいは人を裏切ってしまう歌は後者。
恐らく、「自信があるけど、自信が無い」という点が
僕と共通しているのだと思う。

前者の曲を聞き、僕は猛省、
自信を無くすとともに人の心が気になるようになり、
後者の曲を聞き、僕は感動、
共感するとともに、自分の心に注目するようになる。

そんな曲達がアルバムの中で入れ替わり立ち替わり、
僕の心を揺さぶり続けた。


時系列はバラバラになるが、
前者は例えば、「後ろ姿」


後者は例えば、「ちいさな僕へ」



少しずつ僕の心は弱くなり、しなやかになり、
人のことを思うようになる一方、
「人のことを幸せにできないんじゃないか」という思考が生まれる。

それが発展して
自分はいなくてもいいんじゃないか、というところまで発展する。
だって、僕より出来る人、やさしい人って沢山いるじゃん。

そんなときに彼女が出したのがこの曲。
「Love Letter」


「いつかあなたが死んでいっても
わたしなら大丈夫
ずっと前から一人だった
あなたを愛した時から

たとえ私が先に逝っても
あなたなら何も変わらない
振り返らないで生きてゆけるわ」


その通りだと思った。
いや、思っていたところだった。


そんなこともあり、
自分の存在意義を感じなくなって数カ月、
いまもまだその想いは拭いきれないけれども、
昨日、彼女のライブで僕と同じような心情を吐露している場面を見た。

彼女はライブを作る際に、
数々の過去の楽曲を振り返らないと行けない。

それまでは最近の曲がやはり記憶に残ってしまうもので、
そもそも最近の曲こそが彼女の心情を表すものであるのだが、
今回振り返る事で、「これ以上ないぐらいやさしい気持ちで書いた曲」
を見つけられたと言っていた。

それが、
「君へ」



それを、昨日、彼女が歌った。


ちょうど、僕も自分の転機だった時だった。

ただ一方で、抱える者が多くて不安もあった時だった。


そんな時に染みいる彼女の声。


彼女は僕よりお姉さんだけど、
僕のある部分は同じぐらいのスピードで変わっていく。


そんな中、彼女はまた何かを見つけたみたいだ。
今度は彼女がちょっと先。


僕はずっと彼女に寄り添うようなことはしない。

僕は僕で道を作っていくつもりなんだけど、
また久しぶりに彼女と、彼女の楽曲と出会えた時は、
こんな気分を味わえればいいなぁ。


久しぶりに音楽に、
しかも好きな人の音楽に、
長時間浸る事ができたのは凄く良かった。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。