スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人を信じるためには人間を知る必要がある

時間が無いので簡単なエントリーになる事必至。

僕は基本的に人を信じている。

けれども、人間は完全に自分の思い通りに動くことはできない。

それは誰もが同じ。

たとえばスポーツ選手などはだからトレーニングを続ける。

思い通りに動くのはそれぐらい困難なものである。

つまり、性格や想いというものは身体を通すと、
想いもよらぬ結果を生み出してしまうのである。

誰かが何か失敗をした時に、
それに対して「信じていたのに」と言って非難するのはどうかと思う。
(「信じる」の定義にもよるし、
その定義を事前に伝えておくのも手だと思うが)

僕は人を信じたいと思っている。
人を信じれば自分も余計なストレスを感じなくて済むし、
実務的なことを言えば、考える回数が省略できるというメリットもある。

ただ、本当に人を信じて人に対して批判的にならないためには、
「人とはこういう生き物で、こういう失敗や誤解をしてしまうものだ」
という事を知っておくことが必要なのだと思う。

今のところ、人のことを信じていて、
「裏切られた」と思うようなことはないから、
少しは人間に対しての理解ができているのかもしれない。


もっと知らなきゃ。


人を知る、それを適用する、それに対処する。

これがうまく出来ればもっと人を信じられるし、
もっと人を大事に出来ると思う。

それではいってきます!
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。