スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は自分を因数分解していた気がする

自分は部分の単純な総和ではなくて、
総体としてとらえるということはしていたんだけど、
それでも自分の部分に関して考える事は大事だったように思う。

しかし、そろそろ収斂させる時期かなーという気もしてきた。
就職活動中にまとめとけよっていうツッコミはさておき。

ただ、収斂させるにしても、
その為の軸みたいなものが必要で、
何を軸にして色んな考えや能力を
くっつけていくのかを考えないといけない。
いけない、というかその方が楽。

僕は「信じる」というところにモノを集めたいと思っている。
信じれれば楽だし。不安も少ないだろうし。

そうする為に、自分にとってとても有効だと思う言葉を昨日見つけた。

それは週刊少年ジャンプの編集長、佐々木尚の言葉。

「よく『ヒットする漫画を描く人はどんな人ですか』
と聞かれることがあります。(中略)そんな時には、
『才能と、その才能をあきらめない才能と、
努力を続ける才能を持っている人』と答えるようにしています。」

出典
マンガ脳の鍛えかた 週刊少年ジャンプ40周年記念出版マンガ脳の鍛えかた 週刊少年ジャンプ40周年記念出版
(2010/03/19)
門倉 紫麻

商品詳細を見る


この中の「才能をあきらめない才能」を信じること。

それが自分にとってのカギになりそう。

才能なんていつ開花するか分かんないもので、
開花するかどうかもわからない。
複数回開花するかもしれないのだ。

そういうものは自分の都合のいいようにポジティブに捉えるに限る。

答えはないのだから。


こういう言葉に自信の礎を築いた上で、
信じるための学習、行動、確認をしていこうと思う。

自信は階層に分けて考える。

自分の可能性に対しては自信満々に。
自分の現状に関しては不満、不安を持ち続ける。

それが自分にとってのバランスのいいマインドセットなのかもしれない。

さぁ、くっつけていくぞー!!!
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。