スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

制度・習慣で身体が変わっていく

受験前は中指の第一関節にタコが出来た。

ボウリングにハマっていた頃、
親指と薬指の第一関節が変形した。

習慣的に何かをしていると、
それによって身体が変形していく。

制度や環境は習慣を呼び起こす。
つまり、身体の変形を起こしていく。

身体の変形が積み重なって、
それぞれの身体を作り上げていく。

楽しい人たちとずっと過ごしていると微笑ましい顔に。
身体に合わないデスクでずっと仕事していると猫背に。
重い荷物が必要な人は筋肉がだんだんついてくる。

制度は身体の変化を意図的に作るものだと思う。
(「制度」とか「環境」とか簡単に使うと
社会学系の人に怒られそうだ。きゃー)

日本で裸でいるのはダメだから服を着て体毛が減り、触覚が鋭敏に。
断食の制度があるところでは食糧が少なくても生きられる内臓の仕組みに。
風俗で連日、性的な奉仕をする人達は性的な部位が鈍感化、硬化する。
(これはむしろ「性奴」)

自分は
どのような環境にいて、
どのような制度に縛られていて、
それにより、どういう身体になっているのか。

身体には脳も含まれる。

自分は
どのような環境にいて
どのような制度に縛られていて
それにより、どういう身体になっていて、
どういう思考の癖がついてしまっているのか。

それを知るためには自分の立ち位置から考えるだけでは難しい。

本を読んだり
人の話を聞いたり
その環境・制度に入る前の自分に聞いたりして
今の自分と違う視点や視野、視角を得ることが必要。

だとしたら、どうがんばっても僕は宇宙のレベルまででしか
物事を見られないんだろうか。

しかし数学などに枠を決めてしまえば、
4次元以上にも考えを広げられる。

僕はどこまで広く認識して、どこまでのレベルで、
自分の身体の、そして思考の変化を捉えられるようになるのだろう。

もし、より大きな次元で、あるいは広がりで自分を捉えられたら、
僕の身体は4次元、あるいは宇宙人になれるのだろうか。

セイドって言いたかっただけなのに、なにいってんだろ。。。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。