スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

まっくらやみのエンターテインメント

少し前に、ダイアログ・イン・ザ・ダークというものを体験してきた。

"目以外のなにかで、ものを見たことがありますか?

 暗闇の中の対話。
 鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。
 足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。
 仲間の声、乾杯のグラスの音。
 暗闇のあたたかさ。

 ダイアログ・イン・ザ・ダークは、まっくらやみのエンターテイメントです。

 参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、何人かとグループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。
 その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。"

ホームページではそう紹介されている。

ぼくは、目以外の何かで、ものを見たことがない。
それは、このイベントを体験した後の今でも。


ここでは、完全な暗闇の中で、白杖を持ち、暗闇の中を仲間とともに協力して進んでいく。

そこでいつもは気付かないことに気付き、人の温かさを感じ、
目が見えない人達がいかに協力し合って生きているのかを知る、、、らしい。


しかし、
ぼくにとっては、目をつむったまま色んな事をするイベントでしかなかった。


ぼくはすぐに白杖に慣れ、アテンド(案内人)に驚かれるほど早く歩けるようになり、
遊び道具をみつけてはちょっかいを出し、人のお菓子を食べたりなんかもしていた(笑)。

いつもと同じだった。
目をつむって行動している時と同じ。


ただ、課される課題が協力を必要とし、
声を掛け合い、触れ合わなければクリアできないものだっただけだ。


トップページにあるような
"まっくらな中で五感をとぎすます。
森を感じ、水の音を聞き、仲間と進む。"
ということは視覚障害者にとっても非日常であるはずなのに、
体験者はワークを通じて日常に何かを持ちこもうとするように見えた。


次々と与えられる課題を通じ、
皆は声を掛け合い、手をつなぎ合い、
一緒に課題をクリアしていく。
それによって、一気に互いの距離を縮めていく。

盲目者の生活の難しさを体験する、らしい。


そんな姿を観察していたぼくも、同じように皆との距離を縮めていった。
なぜなら、そこではそういう課題に従う必要があるからだ。


しかし、周りの人はすっかり課題にのめり込んでいるようで、
彼らの反応が非日常なものばかりになっていた。

試しに、今日会ったばっかりの人にいわゆる「恋人繋ぎ」をしようとしてみたら、
すんなりと受け入れようとしていた(でも寸止めしたw)し、
水をかけるなどのいたずらをしたときは誰も批難も叱責もしてこなかった。
(もしかしたら、みんなが「そういう課題だからだ」と
僕の奇行を我慢してたからかもしれないけどw)


課題を通して助け合うことに慣れた一行は、
休憩時間になった時、すっかり饒舌になっていた。


明らかに物静かそうだった人さえも、楽しそうに話しあっている。


ぼくはそこでも一通りいたずらを試した後(笑)、完全に口を閉ざしてみた。

何かが見えるようになったらしい皆には、その瞬間から僕のことが全く見えなくなった。


おしゃべりになったみんなには気付かれないけれど、
おそらく、僕は素の顔をしていたんだろうと思う。


気付かれなくなったぼくからは、
"何かがより分かるようになった"らしい皆が、
声を掛け合わなけりゃお互い気付けないようになっただけなんじゃないかと思えた。

何かが見えるようになったわけじゃなく、発信するしかなくなっただけじゃないかと。


一方で、ぼく自身は目が見えなくても、
あまり変わらなくて居られるんだ、と気付いた。


ぼくにとってはいつも使っている視角という手段の一つが使えなくなるだけで、
口調や息遣い、足音は普段通りのレベルで聞けているし、
食べ物もいつもと全然変わらない。特にうまみが増したりもしない。


自分自身に対してはほとんど変化を感じない中、
皆の感覚が異常になっているように見えることが興味深かった。

適応するための最低限の道具と案内はついているのにも関わらず、
視角をシャットアウトするだけで、
こんなにも人間は適応できなくなるんだなぁ、と。


皆はそんな経験を繰り返していく。
ぼくはぼくでそんな経験を繰り返していく。


イベント案内において、
「見えないから、見えないものがある。」
そんな言葉を見た。

しかし、ぼくが感じたものは、
むしろ、見えなくなってみたことによって、
見えなくならなくてもいいものも見えなくなっていないか。
ありもしないものが見えると思えるようになっただけではいないか。


そう思った。


自分は新たな環境にほとんど驚かなかったし、自分が変わった気もしなかった。
だからこそ、他の人の驚きや、変化にひどく驚いた。


イベント前に、ぼくは、待合室にあった
「まっくらな中での対話」(茂木健一郎 with ダイアログ・イン・ザ・ダーク)
という書籍を少し読んでいた。

そこにはアテンドの人へのインタビューが載っていた。

「盲目の人達の体験をさせるのが目的ならやっていません。
エンターテインメントであるから私たちは関わっているのです。」
というようなアテンドの一人の言葉が印象に残っている。


ただ、それが本当に伝わっているのだろうか。

疑似体験をしたからこその強引な理解(≒誤解)が
多くの人になされているような気がしてならない。


それを狙ったイベントだとすれば、
それは上手くできていると思うし、
それはひどい仕組みだとも思う。


イベントが終わった時に、アテンドの人に
「いいキャラをしてますね」と言われた。

ぼくは、彼と光の中で正対するのはちょっと我慢できないだろうけど、
ワーク中の彼の冗談は好きだったし、
この人とは遊びに行ったりしたいなぁ、と思っていた。


経験後もそう思えたぼくの感覚は、前とほとんど変わっていなかった。


その日はとっても楽しかった。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。