スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のカードが退屈すぎて

もう1年の 5% が終わった。

史上最も老いている自分を明日も介護しなければいけないと思うと気が重くなったので、今日は少し元気のない記事でも書こうと思う。


昨年の後半から交渉とか、ゲーム理論を少しずつかじって、少しずつ普段の生活で使えるようにもなってきた。

今自分が持っているカードがどういうもので、相手と自分の利害は何で、今どういう状況のゲームになっているのか、ということを自然と考えるようになった。「これは1回きりのゼロサムだから強気に」とか「複数回ゲームだから長期的なことも考慮して」だとか、簡易的に使えるようになり、身近なことで大きな損はしなくなったと思う。

一方で、「自分のカードを上手く使ってより高い成果を上げること」を考えるようになると、「自分ができること」がいかに少ないかを実感する。本当に何も出来ない。今の自分で手がとどくことばかりに手をつけていても、結局「自分ができること」ってあまり変わらない気がする。「小賢しく何とかする」以上のことをきっとできない。

それに気づいてとてもつまらなくなったので、今年は「それを身につけたら自分がどうなるかわからないこと」にじっくり浸りたい。

たとえば、とにかく英語に触れてみる。例文集を覚える。洋書の写経をする。外国人と話す機会を増やす。とにかくブツブツ話す。映画のセリフをコピーする。身につくまでいつどう身につくかなんて分からないんだから、「デキる人」の効率よい学習方法なんて無視して、とにかく触れる。浸かる。溺れる。

かけ算を覚えるまでは、いつかけ算を身につけられるのかなんて分からないし、かけ算をどう使えるかなんて想像もつかなかった。音楽をやるまでは、世の中にこんなに不快な音がたくさんあって苦しむことになるなんて、そして自分ではそれを救うこともできないなんて思いもしなかった。

新しいことを身につけたとき、自分がどう変わるかわからないし、良い方向に行くかさえわからないけれど、とにかく何かに触れて、何かに浸かって、自分を揺さぶりたい。結果、どんな不運に見舞われようとも、人に受け入れられなくなろうとも、いまの僕にとってはこのままでいることが最も不幸。

起こってしまったことの理由を考えることなんかもうやめて、どんどん次の事件に突っ込んでゆきたい。先が見えないものにこそ、踏み入りたい。この一年だけとは言わず、満足するまで。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。