スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は悲観主義者なんです。ははは。

ぐらい言わないと、悲観主義者を認めてくれない。
(こんな風に言うと信じてくれない人もいるけど)

たまに、「そんなんじゃダメだよ」とか言ってくる人もいる。

ダメじゃないよ。
悲観主義なだけだよ。


最近は自己啓発ブームというものもあって、
メジャーな自己啓発本に書いてあるようなことは
(僕はあんまりメジャーどころを読まなくなったが)
段々、共通知識に近づいている気がする。


それによって、ポジティブシンキングなるものが、
良いものとして、特に意欲があるといわれる人たちに浸透していく。


もちろん何かをなそうとするときに、
熱意が必要ではあることは多いけれども、

熱意=松岡修造、アントニオ猪木,etc.
ではないはずだ。
松岡修造、アントニオ猪木,etc.⇒熱意
は合っているかもしれないけれど。


「熱ければいい」
あるいは
「とりあえず行動さえすればいい」
と思っている人が増えているように思える。


そういう人はいつも極端な解釈をして、極端な行動を取っている気がする。
(悲観主義者も極端な解釈をする人がいる。これはこれで厄介だけど。)


熱意を持つにしても、
「静かな熱意」でもいいじゃないか。

「うるさい熱意」は美しいと思わないから、
自分は持ちたくないんです。


僕にとっては
「ポジティブシンキング」も
「人前で堂々とすること」も
「広く知識を得ること」も
「文章を書いて知恵をつけようとすること」も
僕が「臆病な人間だから」だし、
無意識にそういう内面を守り続けるため、
という理由もあるかもしれない。


悲観主義も悪いことじゃないと僕は思う。

届かない想いを歌う歌は美しいと思うことが多い。


「そんなこといっちゃダメだよ!」

そんな「ポジティブな人」による思慮の無い完全否定の言葉は、
相手を追い込んでいく言葉であると僕は思う。


熱くて元気な人で好きな人も多いんだけど、
自分はそういうスタンスを取ろうとは思わないし、
人に強制することではないと感じているのです。





スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。