スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

それで片付けられるのならば。

最近、ちょっと感情や心についての話を書くことが多い気がする。

普段理屈っぽいとか論理的だとか言われることが多いと思うのですが、
(でも自分では自分の論理の甘さにいつも愕然としています)
決して僕は論理を最優先しているわけではない。

便利な手段として使っているだけである。

特に人に説得を試みるとき、
不特定多数の前で何か発表するときなどは、
論理はとっても便利であると思う。


でも、自省してみると、自分を納得させる際に
話が合理的であることはそれほど優先されることではない気もする。


ただし、論理で片づけられる(それで納得できる)ものは、
論理で片づけてしまえばいいと思っている。

それで片付ける方が安全だし、楽だと思う。

理屈っぽくつなげて答えが出そうなことは
発信することに対して比較的リスクが少ない気がするので、
理屈っぽいことがどうしても口から出やすいのかもしれません。


論理ではなかなか腑に落ちないことには
感情を働かせて考えるようにしている。

感情の方が自分としては説得力を持つ強いものだけど、
正確ではないし、過剰になることもあるし、一時的なものになる可能性も高い。

感情で考えるのってインパクトは強力なんだけど、
難しいし、疲れるし、他人に否定され易いことでもあると思う。

思考に感情を介入させることは、
「解を出す」のには適しているが、
「最適解を出す」のには適していない気がする。


僕に限って、感情や心を扱うのは好きだけど苦手なのかもしれない。
感情に関しては下手の横好きなのかな。


僕は、昔から「心」という字はうまく書けない。
今も、「心」のバランスの取り方が分からない。
ただ、昔と今ではバランスの崩れ方が全然違うんだけれど。

いつか穏やかな「心」を書けるようになる日が来るのかなぁ。


話に心を込めると話がちぐはぐになってしまう。
長く話せば話すほど自分の話があさっての方向に行ってしまう気がする。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。