スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

思いつき讃岐一人旅

讃岐に行ってきました。

写真はめんどくさいから省略してます。



目的は、特になく、行きたくなったから行きました。
結局、うどんと飲み物以外にまったくお金を使わない旅になりました。

今日は旅の様子を記録しておこうと思います。

移動手段は車で、明石海峡大橋と鳴門海峡大橋を使って香川まで行きました。

そこで、まず、SAで飲み物でも買おうと思い、
淡路SAに立ち寄りました。

淡路SAは1年に1回以上は来ているところなので、
普通の写真を撮るのも癪だと思い、
いつもと違う方法で写真を撮ることにしました。


写真
明石海峡大橋の風景(橋の部分抜き)

とか
写真
旅のお供の本と記念撮影

写真
題名は「指導者が倒れたとき」と
「まるごと覚える二級建築士ポイントレッスン」
(結局どっちも読んでない)

写真
参考 こんな広場です



まぁ、結構恥ずかしい記念撮影でした。

意味無い苦労が大好きです。


で、淡路島は素通りして、
(淡路島って制限速度が100km/hでとても爽快ですね)

鳴門海峡もスルーし、すぐにうどん屋めぐりをするために、

一直線に なかにしうどん に向かいました。
(ひーかの紹介)

ここは麺が太めで、ゆでたり、だしを入れるところまでセルフだったり
というところが特徴。

今は筍の天ぷらが一押しらしかったので、
筍のてんぷらとうどんを頼みました。
写真

筍の天ぷらの中には筍が5切れも入っていて、
贅沢な気持ちになりました。

これで300円です。

親へのお土産のうどんも買って次の店に向かいました。


次は 森製麺所 に向かう。
(やおさんのおすすめ)

一気に舞台が都会に移り、
有料駐車場を使うことになる。

しかし、京都や大阪と比べて、
料金体系が1周りぐらい良心的。

場所は高松市役所のそばで、
12時前に入ったのでまだ店内は空いていた。

うどんはひやひやを頼み、
天ぷらは小エビのかき揚げ(110円)を頼む。
写真

これで310円ってどういうこと?

麺のコシがしっかりしていて、
のど越しが良く、とてもおいしゅうござんした。
噛もうとしたらアゴが疲れるぐらいのコシだった。

食べ終わりの頃になると、
近くで働くサラリーマンが続々と入ってきて、
一気に満席になるぐらいの人気店なのがわかった。


次は、どどくんおすすめの さか枝 へ。

今度は県庁の近くということで、少し車で移動して行こうと思ったが、
時間が時間だったので、店の外には行列があり、
周りの駐車場の値段も高かったので、車の置き場所を探しに
市内をうろうろ探し回った。

結局、ウェブで調べても無料のところはなかったが、
少し外れのフェリー乗り場の近くに1時間100円の駐車場を見つけたので、
そこに車を置いて、自転車移動にシフト。

1時間後ぐらいに再び さか枝 に到着。
すっかり行列も無くなっていたが、店内にはまだ結構客がいるようだ。

注文の為の行列も常に流れていて、
ここの人気がうかがえる。近くに香川大学があるのも一つの理由だと思う。

そこに自分も並び、あまりの列の流れの速さに、
ぶっかけうどんのみしか頼めなかった…がびーん。
写真

でもここも麺のコシがしっかりしていて、非常にうまし。
人気の理由が分かった気がした。
だしも他の店とはちょっと違う?気がした。

この店はおっさんが多いことが特徴だと思う。僕は。
あと、席数が他の店に比べても多いと思う。

それなのに、店の中に収まりきらず、
外にたくさん行列ができる。
地元民の舌をつかんで離さない魅力があるのかもしれない。


その後、チャリが楽しくて、その辺をぶらぶらしていたら、
香川大学を発見。

入って、一番きれいな校舎で用を足して、
噴水近くで本読みながら人間観察して、
特に面白そうな人とかものとかなかったので、
噴水だけ撮って帰りました。
写真


で、ぶーらぶーらしていて、
商店街界隈をチャリチャリ漕ぎながらいろいろ観察していました、

高松で感じたことは
・セブンイレブンない
・穴吹工務店が異常に強い
・商店街でdocomoショップを3件見た
・BEAMSの従業員の数が多すぎ
・謎のATMキャラがたくさんいる
http://image.blog.livedoor.jp/kouboudaishi/imgs/3/e/3ee85e3e.JPG
・空気がきれい
・都会なのに人少ない
・超かわいい人がいた

かな。

その他、商店街では
写真
こんな無駄なアーチがありました。



その後は、港に行って遊んでました。

近くのバラ園にはひとりで微笑みながら歩いている女の子がいました。
怖かったです。


鴨川等間隔ならぬ、高松港等間隔を発見したり
写真


船が三隻連続で港に入っていく姿を見たりしました。
写真


あとは
写真


赤灯台に向かって
写真


歩いて
写真


引き返して
写真


変な建物見つけて
写真


入ってみたりしました。
写真


結局、本は1冊読み切ることもできず、
旅の重りにしかなりませんでした。

自転車は便利だけど、走りまわってしまうね。
写真


少し車内で仮眠を取ったのち、
最後に、ひーかに紹介してもらったうどん屋へ。

その名も 名もないうどん屋 。

近くを通っても、うどん屋と気づかないような店構え。

おばちゃんいわく、「こっちも客を選んでるけん」だそうです。

何往復かしたのち、やっと発見して
店内でメニューを見ると、メニューは

「おいしいうどん」

「かたいうどん」
の2種類。

さすがです。

はじめはネタかと思いました。

おばちゃんの「とりあえずどっちもたべるか」
という一言により、悩みは簡単に解消されました。

結論から言うと、
かたいうどんは、固い。
おいしいうどんは、おいしいです。

なんか、他府県から来た人にはかたいうどんが好評らしいですが、
香川県の人は「まずい」と言うそうです。

で、おばちゃんもかたいうどんはまずいと思ってるそうです。
おい。

客は僕一人だったので、いろいろ話しました(聞いていました?)。

話によるとおばちゃんは暗算が5段ぐらいの実力で、
客の注文は30人分ぐらいなら普通に覚えられて、
計算するときは頭の中で「量」のパズルみたいなものが現れて、
ゲーム感覚で話しながらでも計算できるらしくて、
開店10日前までうどんの打ち方は知らなくて(ビラまきとかしてたのに)、
早起きは苦手だから、毎日10時40分ぐらいに起床しているらしい。

常識はずれの人です。

「まぁ、おいしいの作れるし、売れてるからええねん」とか言ってました。

あと、
「うどんっておんなじもんから打てばできるし、
それで商売できるとか、こんな楽なもんはない」とか言ってました。

その他、
様々な武勇伝を聞いてるといつの間にか1時間半ぐらい喋っていました。

まぁ、たぶん今回の旅で一番好きだったうどんです。
宅配サービスもやってるらしいので、興味があればどうぞ。

こんなおばちゃんです。看板から調子乗ってるでしょ。
写真

僕のことをなんだか気に入ってくれたようで、
大阪に来るときは電話してくれる、と言ってくれて嬉しかった。

僕のことを生意気で変なやつと言ってて、
そこだけは全然納得いかないんだけど。



まぁ、なんやかんや言って今回の旅ではいろいろ学べました。

とりあえず、生協の食堂は香川県の食への姿勢を見習えばいいと思う。




1日ずっと楽しかったなぁ。


勉強全然してないけど。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

お久しぶりです。

讃岐……サヌキ……西ばっかりで、面白くない(-"-;)
次回は是非、東のうどん屋へ行って下さい。
以上ですo(_ _*)o

どうも。久しぶり!

そうだよねー。
今回は移動が多いとしんどいから
高松市内で固めたんだよ。

こんどは東にも行きます。

なんなら、一緒に行くかい?v-14
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。