スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

合理的に見えることが合理的とみなされる。

決して「合理的なこと」が「合理的なこと」として
捉えられるとは限らない。

とりあえず、賢そうな人が話してたら、
合理的とみなされる可能性が上がる気がする。

メガネかけてたらきっと合理的にされやすい。

京大出身だと言えば合理的だと思われやすい。

新聞やテレビのニュースが言えば、合理的だと判断してしまう。

実際に合理的かどうかと、
相手が合理的と思うかどうかは、
ほとんどの場合、関連が小さいことが多い気がする。

「漢字を読み間違えるから、政治を任せられない」

これも世間の多くの人が合理的な考え方とみなしてしまう。



あと、ロジカルであることは1つの道を指し示すものではない。

前後がたとえつながっていても、
一貫性のないロジックを使う人ももちろんあるし、
同じ事象からでも、その人の持つ哲学が違えば、違う結果にたどり着く。

簡単な例であるなら、
森林で虎と出会った、という状況を想定すると、
どう思うのが合理的だろうか。

「現実的に考えて、」
僕なら(あなたなら)逃げるかもしれない。

では、
もし猟師なら?

「現実的に考えて、」
仕留めようとする。

それはどちらも合理的、論理的だと僕は思う。
つまり、「ロジカルが一通りでないこと」を示しているのではないか。



最近、哲学や主義の勉強をするにあたって、
かなり合理的、論理的だと感じる文章に触れることが多い。まじパネェよ。
(僕の知力がついていけないので、本当に論理的かどうかはわからないけど)

それらの論理構成を見ていると、
「論理それ自体」に感心させられることが多く、
読み手として、頻繁に後手に回ってしまうことになる。

そういうのを見ると、普段の自分の文章に対して、
論理的に正しい、と言えない。きっと、飛躍、ずれが沢山あるのだろう。
自分の文章にかなり自信が無くなってくる。文章書くのはやめないけど。



そもそも、現実を相手に仕事している限り、
論理が一つor絶対的な論理が存在すると仮定することが、
偏見だと僕は思う。



相手にロジカルだと思わせるには、
相手の論理レベルに達すればいいのだと思う。

現実世界でロジカルかどうかは相手が決めることが多い。

接続詞でつながっていれば合理的だと思う人もたくさんいるだろう。
自分が好きな方向への話の展開がされれば合理的だとみなす人もいるだろう。
一方、主義・哲学の一致まで求めてはじめて合理的だとみなす人もいる。



僕は合理的であることが必ずしも正しいとは思わないけれど、
(まぁ、僕には真に合理的かどうかなんて判断する力はないんだけど)
合理的に見えることが求められる場所はたくさんあると思う。

それでは不完全で、相手の「合理的」に合わせて発言しないと、
決して自分流の「合理的」に従っても合理的だとみなされないことは覚えておきたい。


自分の周りのことだけに対して考えたとしても、

自分に対して
友人に対して
学問に対して

で求められる合理性はずいぶん違うことを意識しないといけない気がする。
自分の話の「合理レベル」を判断できるようにならないといけない。

少なくとも自分に対しては合理的である必要性はかなり低い。




昨日、就職活動を始めて、新しく何人か日記を読んでくれるようになったのに、
いきなり意味分からんこと書いている僕はマジで空気読めていない気がするけど、
よくよく考えなおしてみると、もともと空気読めないから気にしない。
うほい




今日は親父が地引網をしに行くらしいです。
いきてーなー。親父とは行きたくないんだけど。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。