スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「良い」ということ

何かについて自分のことを良いということは、
「自分は標準レベルよりも高いレベルにいる」
と思っていることを示しているのだと思う。

僕は自分の仕事や行動、成果を良いものだとは思えないし、
まだ思いたくない。いつも自分の言動には不満である。

なぜかというと、良いと思うということは、
自分の上のレベルの余地が小さくなっていると同義だと思うからだ。

たとえ能力に限界がなく、上は永遠に広がっているとしても、
今、低いところにいるとみなすか、
今、高いところにいるとみなすか、
では自分のこれからの可能性の感じ方が全然違う。

もちろん、自分の位置を相対的に把握できる能力は必要だけれど、
それが「一般的に高い」とみなすか「一般的には低い」とみなすかは、
答えがあるものではなくて、自分の感覚次第である。
(もうその時点で「一般的」ではないのかもしれないが)

自分の今の高さに満足するのもかまわないと思う。
それが自信につながることは大きな利点だと思う。

しかし、僕はやはり将来の可能性を広げる方向に解釈したい。
それによって、自信を得ることを遠ざける結果になったとしても。

僕はできない子です。
だってもっと背伸びしたいから。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。