スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ある発想ができる=その発想をしてしまう人間だということ

僕は偏見をしてしまう人間だからこそ、
偏見に対して意識を向ける。

男女を区別してしまうからこそ、
男女差別の問題に対して意見を整える。

学歴で人を判断してしまうから、
学歴についての解釈の仕方を考えようとする。

偏見を、ただ人が言っているイメージでとらえるのではなくて、
自分の納得いく形の偏見を作り上げておく。

ちょっと良い表現にすれば「判断基準を決めておく」。
(こんなフォローはあんまり見ない気がするなぁ。
僕の文章は基本的に悪い表現ばっかりなんだろうね。)

自分が影響を与えられることだと認識しているからこそ、
それに対して好ましい反応に置き換えられるようにしておく。

自分が影響を受けることを否定しようとしても無駄だと思う。
否定しようとしている時点で、影響を受けているし。

偏見があるからこそ、そこに目を向けて、心の仕組みを作っておく。

そうすれば、もうしばらくは考えなくてもいい存在になっている。
そっちの方が楽だ。
(しばらくして、価値観の大きな変化を感じたら見直す必要はある)

これらの記事が表していることは価値観が非常に近い気がする。

http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2007/04/post_744.html

http://www.nakahara-lab.net/blog/2008/09/post_1330.html

あらかじめしっかり考えておく。
特に自分が影響されることに対して、
あるいは、自分に重要なことに関しては、
思考の条件反射を自分で作っておく。

そうすれば、早く、間違いの少ない意思決定ができる。

その意味では、しばらく続けているこの日記は、
僕の意思決定のスピードに大きく貢献している気がする。

これからも続けよう。

明日は書評でもしようかしら。
気分次第だけど。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。