スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネタがあるけど気持ちが足りない

携帯の中には生産的な考え方に繋がりそうなネタがいくつも残っている。

しかし、心はそれに触れることを是としない。

生産的なタイピングをためらう指がある。

ボウリングでついた腕の筋肉はすっかり衰えてしまって、
歌を歌っても、思ったとおりに声が出なくなり、
まるで骨と皮しか残っていないように思える。

部屋の中には生産性の種があふれている。

便利なもの、
便利な知識、
探せば見つかるかもしれない。

この部屋は僕の国。

ニーチェも
ストロースも
デカルトも
シェークスピアも
この国の住人。

姿は見えないけれど。

この部屋が僕の部屋だとすれば、
この部屋を出れば全てが外国。

外の人は声が大きい。

外の人の言っていることが理解できない。

部屋に帰れば心地よいわけではなく、
息がつまりそうな生産性にあふれている。

救いのマンガは読んでしまった。
楽しいゲームはクリアした。

この国には空も太陽も訪れない。
空と太陽というものを知らない。

明かりは自分の手の内にある。
全てが自分の思い通りになる。

お腹が空いた時は猟に出ないといけない。
リビングという名の外国に。

そこで顔色を見ながら猟をする。
相手が機嫌を損ねぬように。
自分が機嫌を損ねぬように。

今日も猟の時間は終わった。
帰りたくない帰るべき場所に帰る。

そこはいつもと変わらない。
自分しか変えられないんだから。

心がどこにもまとまらない。

本を手に取って読んでみる。
元気な筆者が話している。
これに従うべきなのか。
でも、前に読んだ本とは反対のことを言っている。

違う本を取ってみる。
楽しそうに話している。
偉そうに言っているけど、
それは僕はもう知っている。
それは実際にできるから、しつこく言わないでくれ。

キーボードを打つ情熱が、
静かでいびつにうごめいている。

過去の自分は別人で、
今の自分は過去の自分に抵抗している。

彼と僕は明らかに違う。

老いとか、悲観とか、強さとか、
そういう単純に割り切れることではなくて、違う。

でも、彼は僕になった。

僕は一体誰になるんだろう。

「それは自分が決めること」
そんな声が部屋のどこかから聞こえてきそうだ。

決まらなければどうしよう。

消えるの?

ここは僕以外はほとんど入らない国だから、
消えてしまっても、国はしばらく残っているだろう。

国の方が長生きするものだ。

王様がどんなに強くても、彼がいなくなったら、
国は何事もなかったかのように生きはじめる。

「悲しんでいてもはじまらないよ」
「そんなこと王様は望んでいないよ」

そういう声が生まれてくる。
おそらく、僕もそう言う。

他意はない。予想を連ねているだけ。

自分がどう考えていくのだろう。
今、つづっているのは自分の考え方の確認。

無意識に自分の考えはどちらに向かおうとするものなのか。

落ちたいけれど落ち切れない。

家族を好きになればいいの?
そこに幸せがあるの?
その我慢が幸せを生むの?

家族も愛せないような人間には、
人を愛する資格はないのか。

なんかそんな言葉を最近聞いた気がする。
夢かもしれない。

夢だとしたら、自分の言葉と言えるのかな。

夢は自分の言葉なのか、
それとも周りの言葉なのか。

自分の記憶や感覚から手繰り寄せている限り、
他人の言葉を聞くことなんて不可能だけれど、
どこからを発言者だとするかの定義次第ってこともある。

世界をどう定義すればいい?

部屋は国?
愛は正義?
悲観は劣る?

「気持ち次第」

何の救いにもならないような言葉が、
何かの救いになるのだろうか。

「研究室に全然来ないですね」

留学生に言われました。
彼女はとても親切です。

なんで親切にしてくれるんだろう。
こっちは好きでもなんでもないし、
親切なことをした覚えもないのに。

ただ、いつもふざけて遊んでいるだけなのに。

共感ができない。
「共感」は使うものだとどこかで思っているのかもしれない。
だから、共感は分かる。

ドライブは爽快。

らしい。

動く箱の中にいるだけなのに。


負の螺旋。

でも、それって負に進んでるの?

その場にいるだけじゃないの。

僕はその方がずっと不安。

ずっと同じ場所。それなら沈んでしまう方がいい。


今の気持ちはいつまで続くの。

たぶん欲求が出てくるまで。

眠たくなったり、お腹がすいたり、興奮したら、飛んでゆく。


そろそろ眠たくなってきた。

明日の夢に沈んで行こう。

今日も言葉に閉じ込められた。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。