スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ケンカはその場で両成敗されている

ケンカ両成敗とよく言われていますが、
それは喧嘩は結果的に両成敗されているのではなく、
「ケンカすること」自体、心身ともにダメージを受けることから、
すでに制裁を受けている、と考えられるのではないかと思う。

少なくとも、ストレスを感じるだろうし(特に口げんかの場合は)、
意見をぶつけるだけの口論では学ぶ機会も失われることになる。

そう考えると、ケンカ=成敗ではないかと感じるのです。

相手の意図や背景、無意識の定義などを読み取りながら、
相手の立場に立って考えようとしてみて、
その上で相手の意見を咀嚼すれば、
無駄なケンカにならず、学びの機会になる。
視点を一つ増やすことができる。

ただし、「意見を戦わせることが受容されている場」ではその限りではない。
そういう共通認識が生まれている限りはケンカではないとする。


会議でなかなか意見がまとまらない、
あの人が分かってくれない、
何を言っているのか分からない、
相手の意見がとても幼稚に思える。

そういった時は、お互いがケンカしようとしている、
つまり、一方的に自分の思考を押し付けようとしていることが多いと思う。

「あいつが分からず屋」と思ったり、言ってしまうときは、
自分も分からず屋であることを表わしているのだと思う。

相手に変わってほしいなら、自分も変わるつもりで臨まないと、
ケンカになって、ストレスを感じるだけだと思う。

こう考えると、ケンカを避けることは結構難しいことだけれど、
僕はケンカの種は学びのチャンスに変えていきたいと思う。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。