スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

並んだら、説得力も並ぶ

昨日、テレビで、何かの出来事に対しての政治家の発言を
ボードで紹介していました。

紹介されていたのは3人で、
左側の人は某有名政治家、
真ん中と右側の人は名前も聞いたことのない人でした。

左側の人は、それなりにまともなこと、
言い方を変えると、割と当たり前のことを言っていたのですが、
その他2人は少し過激な発言をしていました。

その後、スタジオではその2人の政治家の発言に
沿った話を展開していきました。

と、冷静に分析してみると気づくことがあるのですが、
ぼーっとテレビを見ていると、

「頼れそうな政治家の発言」→「スタジオでそのことを掘り下げる」
という流れにだまされそうになりますが、

でも、実際はその前の段階として、
「テレビ局の報道の方針」
→「番組のスタッフによる都合のいい発言をする人物選び」
→「その人物の発言に説得力を持たせる工夫」


というのが頭から抜け落ちている。

某有名議員の発言は、発言自体より、
その人の知名度からくる説得力を利用するために
使われているように思える。

説得力のある人の隣に同じような姿勢で立っていれば、
それを見たり聞いたりする人も、そして実は立っている本人も、
説得力のある人と同じぐらいの力があると錯覚してしまう。

それにより、発言に力が込もる。
説得力を生む。

発言に力が無いと思えば、
発言力がある人の隣で、
同じようにふるまえばいい。

そうすれば、自分の言葉にも影響力が宿るかもしれないし、
もしかしたら、その人の発言力の源泉に気づけるかもしれない。

逆のことも考えられる。

どれだけ正しくて、論理的なことを言っていたとしても、
発言力のある人から一歩下がった位置にいると、
たちまち説得力が落ちてしまう。聞き手には納得感が生じない。

人は内容だけを聞くわけではない。

どうしても大事なことを主張するときは、
行動や振る舞いも、ロジックの中に含んで考えるべきだと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=ioBwVZBsjn8
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。