スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

夕飯を食べながら将来を考えた

今学期、ボランティアで学部ゼミのTAをしていて、
今日はゲストが来ていたため、
時間の半分がその人の紹介&質問コーナーになっていた。

そして、その時のゼミのテーマもあいまって、
人生やキャリアの話になった。

今日は、偶然が重なるもので、
ゼミに行く前は、
朝食時に自分のするであろう働き方について語り、
ゼミの後には、昼食を食べながら
もう一人のゲスト(大企業の部長)と価値観について語った。

そして、今、哲学関連の本を読んでいることも影響しているのだろうが、
自分の人生が、ただ安寧に生きるだけでないとすれば
どのような生き方になるのだろうと夕食をとりながら少し考えていた。


結論から言えば、
恐らく、僕は若いうちに大きな成功はしないだろう。
もし、若いうちに成功したとしても、運による1回きりだろう。

そして、成功への道を歩むのであれば、
古きものを学び、新しいものに突っ込むことが必要。
そしてそこで自分が活躍するためには「組み合わせ」に頼るしかない。

ここからはそんなことを考えながら、
自分の人生を狭めていった。



何かで大きく成功している人を見ると、
例えば
ビルゲイツであれば、学生時代からコンピューターに触れ、
タイガーウッズは生後9ヶ月からクラブを握り、
イチローも幼少期からバットを握っていたようだ。
(そしてだいたい裕福…)

彼らが成功するのが、
おそらく該当分野に入門してから10~20年後である。

そう考えると、やりがいのあるような(成熟に時間がかかる)分野で
一定の成功をおさめるには、
20年近くかかると見ておそらく間違いないだろう。

現在、前提として僕自身の身体には、
ストックと言えるようなものは皆無に等しい。
運動もそこそこ、勉強もそこそこ、
ルックスそこそこ、その他スキルそこそこ。
そして、今まで経験したことの中で、
自分の認識する限りにおいて、
圧倒的な才能を発揮したようなものはない。

つまり、何かしらを大成するに足るものは持ち合わせていない。

そう考えれば、僕には20年は成功しないでいる覚悟はしないといけない。

そんな自分が、若いうちに成功するとすれば、
それは「何かの間違い(偶然)」以外に考えられない。
成功に釣り合う実力が付いているはずはないだろう。

また、きっと自分が活躍する場は、
単純肉体労働系ではないだろうから、
年齢的に明らかに手遅れだろうということはないだろう。
舞台としては、年齢がそれほどマイナスではない、
あるいは、年齢がプラスに働く分野になるだろう。

しかし、幼少期からずっと、蓄積・成長出来る分野は
自分がこれから成功できうる分野ではありえないだろう。

それは、幼少期からやっている人に
数十年オーダーで遅れをとっているためである。

例えば、単純に考えて、
ごく平凡である自分と同程度の才能の人間が
20年先を走っている状態に走って追いつけることはまずあり得ない。
(しかし、成功後のメディア露出等が増える場合は、
それらによって立ち止まっている間はチャンスになりうる)

おそらく、狙うのであれば、
新しいものが生まれうる分野。
あるいは一定年齢までは競争が始まらない分野。

パラダイムや年代の変換を捉えて、
そこに全力投入することになる。

その時までに必要なのは、
最低限の"スキル的"能力と、
古きものへの理解だと考えている。
(「古き」という表現にしたのは、
「古い」という表現はただ単に聞こえが悪いから)

なぜなら、古きものを知らないと、
新しいものかどうかは認識できないからである。

何も知らないと、目に見えたものはすべて新しいものに見えてしまう。

資源を一気投入するためには、
それに価値があり、かつ、
他者のアドバンテージが無いものである(=新しい)必要がある。

さらに、そこに、自分の才能との適合があれば、
より成功確率が上がるのだろう。

そこで必要とされる才能と呼ばれるものは、
対象によって変わるだろうから今は判断できない。

しかし、先に述べたように、
自分には圧倒的な才能やストックが無いのは明らかなので、
おそらく何らかの能力の「組み合わせ」
によってアドバンテージを得るしかない。

きっと、寂しいことかもしれないが、
(例えば石川遼的な)「何かしらの純粋な生き方」
なるものをする為には、歳をとり過ぎたんだと思う。

というか、無駄に対して時間を使い過ぎている。

だから、不純な方法によってアドバンテージを見出すことが必要である。
(あるいは偶然、自分のまだ見ぬ才能が発芽するかw)

(できるだけ近づこうとはするが、)
残念ながら、自分は今更真っ白にはなれない。

そんな年齢になった自分が将来を考えると、
可能性を広げながら考えていっても、
このような狭い道を突いていく方法が、
かなり妥当なセンなんだろうなぁ。


なんてことを、焼き鳥を頬張りながら考えていた。

一見夢はないように見えるけど、
まだまだ夢はある人生だなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

歪(いびつ)な経験値

相変わらず自分の経験や要素を紐解いている。
文字通り、紐解いて、その後は捨てるつもりで。

決して再構成して誰かにアピールしたりするつもりではない。
セルフブランディングなどの意識は全くない。

よくよく考えてみると
僕には心的外傷(トラウマ)も
身体的外傷もほとんど経験が無くて、
フラッシュバックするような光景は
ほとんど持ち合わせていないことが分かった。

しかし僕は自分に欠落を感じている。

それは事件や大失敗、挫折などの
「傷」を負うようなものでできたのではなく、
おそらく「不足」によるもののような気がする。

周りの人たちが言う「きっかけ」と言う名のハプニング等は
自分の中には見つからない。

それはきっと自分に積み上げられていないだけなんだと思う。


人は年齢とともに全てのことの経験値を積むわけではない。
学年とともに人として総合的に発展する訳でもない。
(身体に限らず思考なども含めた)経験に応じて発達していく。

共通点がある分野はもちろんあるが、
それでもある分野の経験が他の分野に全く置き換わることはない。
スポーツ選手でも競技が違えば身体の特徴が違うように。


僕の欠落は未経験に依るのではないか。

20数年生きてきた中で経験したことのないことと
経験したことがあることが
全て同様に成熟してきていると錯覚している気がする。

現在欠落していることでも、
適性がないことと未経験のことに分けられる気がする。
(傷を含めて少しは蓄積があるため、癖があり、適性の有無はある)


人生に関してはフルにコミットしているために、
他の事に対しても人生の年数だけ経験しているという誤解を生じる。

他にも、自分の専門科目には足を突っ込んでいることによる自信からか、
他の分野に関してもモノ申せる気がしてしまう。

未経験を無視してしまう。


一方で、自分ができないと思ってしまっていることに対しては
トラウマとか才能とかそういう事にかこつけるという方法でも
未経験を無視する。

「(親の)愛を感じたことが無い」
「褒められ方が分からない」
とかそういうことを親のせいにしてしまう。

よく考えると現在の自分に経験できないことではない。

愛を与えてくれる人は沢山いるし、
褒めてくれる人も周りにはいてる。

そこから経験できることではないだろうか。

重要なことは自分の未経験を認識すること。

経験を積めているものはあるんだろうけど、
経験は歪に積まれるものなんだと思う。


幸い、中途半端なことを言った時に冷静に、
そして素朴に質問してくれる人がいるし、
未だ世間のエリートと言われる人達からを除いては
愛想を尽かされていない気はしてる。(根拠は無いけど(笑))


まだ経験していないことは膨大にあるけど、
その前に、
もう経験していると思い込んでいることが沢山あったようだ。

まずはその中で大事だと思うことは今からでも積んでいけばいい。
未経験の事は「自分にはできないこと」ばかりではない。
自分は身構え方やかわし方だけはずっと上手かったのかも。


全ての原因を何かに帰着させないこと、
過去に自分に乗っかった残滓を取り除くこと、
自分の歪さを認識すること、
少しずつバラバラに、自分の思考や経験が
整理されていっている気がする。

ただいま、少年、ダイエット中
このエントリーをはてなブックマークに追加

自動更新には注意しませう

昨日、徹夜してゼミの発表のために発表資料を作っていました。

ギリギリ間に合うかどうかで焦っていたんですが、
なんとか出発の数十分前に資料が完成。

プレゼン用のPowerPoint15枚ほどと
Wordの配布資料5枚を準備。

しばしの余裕時間に仮眠を取り、少しだけ睡眠を貪る。

ぱっ。

予定通りの時刻に目を覚ます。


パソコンを見ると、
睡眠で少しすっきりした頭に、
夢のようにすっきりしたデスクトップが飛び込んできた。

まるで資料作成前の画面である。

あれ?
PowerPointどこ?



…。

…右下には「自動更新完了しました」の文字。


…。




ぎゃふん



正直、Mac bookの買い時かな、と思いました。



自動更新なんかしてんじゃねーよ!!!




とはいえ、そんなお金は無いので、
PowerPointの自動保存をオンにしておくだけに留まりましたが。

そう、あの気持ちはまさにふぁっきん。



発表はホワイトボードにPowerPointを再現することで難を逃れましたが。
一度資料を作っておけば頭に残っているものですね。


とりあえず、経験者として
ここまで読んでくださった人に数点注意をしておきます。
・定期的にファイルは保存すること
・自動保存の設定はとりあえずオンにしておこう
(あんまり保存頻度を高くすると訂正出来なくなるので注意)
・できるならバックアップファイルは取っておく
・というかそもそも直前に資料を作らない
・今日から木曜まで研究のインタビューなど諸々のために東京にいるので、
優しい人は遊んでor泊めてください。
例によって宿泊場所は全く未定です。


それでは、行ってまいります☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

木枯らしに吹かれるように忘れゆく

久しぶりに文章を書く気がします。

文章力が衰えた、とか書こうと思ったとき、
もともと文章力もない人間であることに気付きました。

残念です。
0に何かけても0ですよね。


なんだかインターンでお世話になった企業の一つの選考で、
すごく微妙なパフォーマンスしか見せれなかった気がするので、
なんだか気が気でないのですが、大丈夫だろうか。

大丈夫じゃなかったら割とショックだなぁ。


まぁ、その時の選考の様子においては、
自分のスタンスがよく現れていたとは思うので、
その時に現れた自分のスタンスについて考察してみようと思う。


選考はグループディスカッションでした。

詳しいお題は言いませんが、
学生は4名。

お題はあまり難しいお題ではありませんでした。
がんばったら半分の時間でもできそうなぐらい。

ということは、時間の余裕も結構あると感じてしまったんですよね。

お題が発表された時点で、
僕はそんなに無理して頑張らなくていい、と判断していた。

で、スタートの声がかかった時に、
僕の左手にいた学生が元気よく号令をかけるかのように仕切り始めた。

「まず、●●を△分でやりましょう!」

そして向かいの女の子も元気よく発言し始める。

「まず△△の定義から始めればいいんじゃないですかね?」

そこで再び僕は
(あぁ、リーダーはどっちかに任せればいいや)と判断する。

なんだか話の全体感を失いかけていた部分や、
今、何をしているのかが明確でない時間がたまにあったので、
その時はやんわり指摘してみたけど、基本的にほとんど発言しなかった。

どれくらい発言しなかったかっていうと、
「何か意見ありますか!?」
と途中で女の子に聞かれちゃうぐらい(笑)
(大体、こういうときは発言量が極端に少ないと思われています)

でも、ゆるい時間設定で、全く正解の無いが、
大してバリエーションのある答えが出ない話題のものであるときには、
やりたい人ががんばればいいと思うんですよね。

僕はその場でリーダーとして自分がガンガン引っ張ってもよかったんだけど、
自分がそうでない役割もできる場合はそちらに回ってみる方がよいと思うんですよ。

せっかくゆるいテーマなんだし。
他の分野への挑戦を考えてしまうんですよね。
そんなことをやってないと、GDみたいな
就職活動ゲームなんてすぐに飽きちゃうんですよ。

前の選考はある意味、タフだったので、
ガンガンに引っ張りましたが、
今回は上述のような思いに駆られて、
その場では「白魔道師」みたいな役割に
なった方がよいと判断したんですよね。

自分は役割意識を結構強く意識すると思うんですけど、
「自分の役割はこれ」っていう風にあんまり決めつけたりはしないのです。

リーダーとしてその道を極めたい人がいたらその人に任せるし、
(もちろんそれなりの可能性を感じる&緊急性が高くなければ)
僕はそういう人の応援をすることが嬉しいんですよね。

当然、役職がついてしまって、
リーダーたる言動が求められる時は別ですが、
そうでないときは、他の人がやらないような役割をしたい。
っていうか、そういうチャンスだと思ってしまうんですよね。

時代が進んで、組織が変わっていく限り、
何か必要な役割は常に生まれてくるだろうし、
僕はその、「すき間にあって、かつ面白そうな役割」
を見つけて、その役割を楽しむのが好きなのだと思います。

その為にも、いろんな知識を浅くてもいいから蓄えようと思うし、
もっというと、知識が無いものに対してもあらゆるものに
ある程度対応できる力を持っていようと思うのです。


ただ、ここで、今回、自分が選んだ役回りは
自分の合否に関しては非常に不利なのです。

なぜなら、「丸投げ」と「権限委譲」は短期的に見ると見分けがほぼつかないから。
1回きり、数十分の選考の中で「教育」が効果を生むわけがないんですよ。

しかし、僕は普段の癖で「(元)教育者」の一面を出してしまったのです。

自分らしくやったから僕には悔いはないんだけれど、
こういうのって外からは(いや内からもか)
分かりにくいんだろうなーと思うわけです。


何が言いたいかっていうと、
教育者への適性って、就職活動のプロセスでは測りにくそうだなーってことです。

あ、今回の文章、2行でまとまっちゃった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

温もって眠っていたら時間無い

たぶん、ここ1週間の平均睡眠時間は10時間以上ではないでしょうか。
ゆったり過ごしていました。

そんな中でも
ルミナリエ行ったり(鐘にお金を当てたよ!)
東京行ったり(選考と飲み会など)
マッサージの勉強したり(マッサージうまいよ)
東大生に神戸の案内したり(っていうか神大の案内)
インターン通ってたり(今週からです)
家庭教師始めたり(小学6年生)
経営者と話したり(「個性」というものを再認識)
つぶやきまくったり(思考の整理via twitter)
元生徒と話したり(留学帰りで帰国後4日目)
イベントを打ったり(昨日、無事終わりました)
ボウリングしたり(久しぶりにスーツでボウリング)
していました。

ゆったり過ごしていた分、
ゆったりタスクが積み重なっている気がします。

今週の予定を忘れないように整理しておこう

月曜
ES 家庭教師 インターン準備
火曜
朝は本を読んでいる人でいたい インターン1日目 徹夜(予定)
水曜
インターン2日目 発表 飲み会(きっと)
木曜
グループ面接
金曜
某ベンチャー筆記 あひる 内閣府レポート締切
土曜
スケジュールにベンチャーの名前が書いてあるなぁ(笑)
日曜
団体の会議

の合間に研究(笑)
これが重い。というか重くしたい。


日記も再開したいし、今週は眠る時間を一般人レベルに戻そう。
今週は車を運転しなくて済みそうだ。


そういえば学校に全然行ってない…
そろそろテストの範囲を言ってくれれば勉強するのに。

久しぶりに「日記」っぽい日記を書いた気がする。
日の記録。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。